ファスティングダイエットは効果絶大?※超短期で痩せる会

ファスティングダイエットは効果絶大なのはなぜなのか?プチ断食で超短期で痩せの秘密とは?デトックスと効果でアンチエイジング!

メニュー

最終更新日:2017/04/27

お茶を毎日飲んでいる人も多いことでしょう

お茶を毎日飲んでいる人も多いことでしょう。酵素ダイエットを行っている人は、お茶類を飲まないでください。

お茶の中の成分には、酵素によって分解されるものが含有されていて、酵素ダイエットの効果を高めるためにはノンカフェイン飲料にした方がいいですね。

カフェインには習慣性がありますので、我慢できないときにはお茶の成分を分解する分だけ、多めの酵素を摂ることを考えていきましょう。酵素を吸収するために売られているものの一部には、飲むのに大変苦労する味のものもあります。

酵素でのダイエットをあきらめずに続けるためには、飲むのを躊躇するような味ではない方が、いいという方が大半かと思います。ところが、比べてみるとほとんどの場合、おいしくないほうが効果を感じます。

まずいのは味をととのえる工夫を工程をはさまないということなので、手を加えられていない酵素そのものの味だといえます。

酵素ドリンクを手作りして酵素ダイエットに利用している人もいます。

酵素ドリンクを自宅で作ることは難しい点はあまりないのですが、注意点も多少あります。商品を買うよりも安価で酵素ダイエットができるのは魅力的ですが、手間を避けて通ることはできませんし、その雑菌の繁殖のしやすさは欠点と言えます。

酵素ドリンクは手作りよりも市販品の方が味が良い上に栄養豊富でもあり、雑菌などへの不安が少ないでしょう。

基礎代謝が年をとるとともに低下して、痩せづらくなっている方にオススメなのが酵素痩身法です。

酵素を用いたダイエットの方法は、3食のうち1食を酵素ドリンクに置きかえる方法です。

できるならば夕食を置き換えると、より効果が得られるでしょう。

睡眠中に酵素を補い、翌日の朝スッキリとした目覚めで一日を迎えることが可能です。

酵素ダイエットを行う際、短期間で効果をあげようとするなら、おすすめなのは週末です。

そうすればダイエットのみに注力できます。

また、ファスティングをする期間を長くするり、むしろ復食期間を長めに!というポイントをおさえれば、体重の跳ね返り現象がおこりにくくなるでしょう。

もう1つ、気をつけてほしいことに、ダイエット後の心構えがあります。終了後、つい暴飲暴食しがちです。

結果、絶対といっていいほど元の体重になるに泣くことになりますので、酵素ダイエット後は、それを行っている期間以上に、気をつけて食事をするようにしましょう。

ダイエットのため、自家製酵素ドリンクを作っている方がいるようですが、ずっと続けるには、市販の酵素ドリンクを買うことを考えた方が良いと思います。ドリンク作りにおいては、容器の煮沸消毒をはじめ、材料となる野菜などの用意など、時間がかかってしまいます。また、一見、手作りした方が安全のようですが、家庭のキッチンなどでは、きちんと殺菌処理を行うのは難しく、手間をかけて手作りしているからといって、安全だとは限らないのです。

最近の酵素ドリンクは種類が豊富です。配合する材料、発酵に使用する酵母や乳酸菌などにより、香りも味も異なります。

優光泉という酵素は、もともと砂糖や香料など無添加で飲みやすかったのですが、新発売の梅味が普通に「おいしい」と評判です。割るときは、あらかじめ水を冷やしておくほうがおいしいです。炭酸割りも好相性で、うっかり飲み過ぎてしまいそうです。味で特徴的なのは、ベジライフ酵素液でしょうか。

めずらしい黒糖テイストなんです。癖のないあっさりとした液体なので、サラッと原液で飲めます。朝食置換ならジュース割、夕食置換なら豆乳や低脂肪乳も合うので、試してみてください。商品名から野菜っぽさを感じますが、それほど野菜の味を感じないので、野菜系飲料が苦手という人でも大丈夫でしょう。

梅や黒糖といった和テイストから離れるなら、フルーティなベルタ酵素も飲みやすいです。アプリコットを思わせる風味で、ヨーグルトにも紅茶にも合うので、オールシーズン使えます。

女性は複数の仕事を効率的にこなすのが上手ですが、それゆえに仕事・家事・育児・家族の世話など、とかく抱えがちです。

これ以上の負担に耐えられないというときには、外食して、浮いた時間に休息をとることも必要でしょう。

外食は配膳や片付けの手間も不要なので、できたての料理をゆったりした気分で食べられるのは、精神的にも良いものです。

ただ、太りやすいのが欠点です。

太りやすい食生活の人や、時間と気持ちのゆとりを考えたい人は、手軽な置き換えダイエットを取り入れてみましょう。

取り込んだ栄養やカロリーの代謝には、酵素がたくさん必要です。

酵素ダイエットなら、食べる量に対して不足しがちな酵素を効率的に摂取でき、カロリーをどんどん代謝でき、太りにくい体を作ることができるのです。

毎日の食事のうち、どこか一食を酵素ドリンクの摂取に置き換える置き換えダイエットという方法があり、これだとそれ程負担を感じることなく、酵素ダイエットの継続が可能になります。一週間以内の短い期間で集中的に実行する置き換えダイエットのやり方もありますが、しかしこれは痩せることは痩せますが、完璧にやり遂げるのが難しく、簡単にリバウンドしやすいということも言われています。

時間をかけて、無理なくやせたいのであれば、一食置き換えの方法を選ぶ方が、リバウンドする確率は低いです。味も配合もさまざまな酵素ドリンク。健康増進のほかにも多様な効果があるので、じっくり自分に合ったものを選んだほうが良いでしょう。

胸焼けやげっぷなど消化不良の症状があったり、便秘ぎみの人なら、できるだけ多種類の酵素を含むドリンクが良いでしょう。

主にダイエットを目的としているのなら、酵素のほかに美容成分を含むドリンクにすれば、ダイエット中のお肌パサパサの心配も要りません。ダイエット食品に比べると、酵素ドリンクの価格は割高な気がしますが、効いた・効かないというクチコミは、高級品にもお手頃品にも同様にあります。

配合成分や風味の良さ、使い勝手の便利さなども考慮して、見合った価格のものを選ぶといいでしょう。それにしても、味やフレーバーが好みでなければ続かないので、効果も大事ですが、「おいしさ」は、けして無視できない要素です。

酵素ドリンクは体に良いといわれておりファスティングダイエットのために利用されることも多いようですが、あまりたくさん飲むと糖分の過剰摂取やカロリーオーバーが懸念されます。そのため、酵素ドリンクの規定量は守らなくてはいけません。

プチ断食によるダイエットを行う際も、単純に体重ダウンを目指すだけでなく、体内の代謝のバランスを整えることを目標として、焦ったりせずに規定量をきっちりと守って飲むよう気を付けてください。数ある酵素ダイエットのやり方の中でも、最も続けるが容易な方法を選ぶとするなら、朝食置き換えダイエットが良いでしょう。毎朝の一食のかわりに酵素ジュースを飲む方法です。

朝起きたばかりの、小さくなった空の胃に酵素ジュースを流し込むと普段よりも酵素の吸収がすみやかに効率良く行われ、一気に胃が膨らむおかげで満腹感も得られます。

そのため朝食を食べなくても辛くは感じないでしょう。

空腹に悩むのは出来るだけ避けたい、と考えるなら、酵素ジュースに加え、豆乳も飲むようにしてみると格段に腹持ちがよくなるようです。

このやり方は「簡単で続けやすい」と考える人が多く、時間をかけてゆっくり進められる分、リバウンドの恐れも少ないのです。

穀物類や糖分などの炭水化物、それらをするりと溶かしてしまう優れた能力を持つサプリメントです。お腹を元気にしてくれる乳酸菌の含有量は、何と500億個、野草発酵エキスの力で野菜を取らない日々を上手く補うことができます。

好きな食べ物には炭水化物がたくさん入っていて上手く痩せることが難しい人にはネット上の巨大ショッピングモールは検索性に優れています。

自分にピッタリの酵素サプリや酵素ドリンクを見つけようと思ったら、楽天市場を使ってみましょう。実際に使用してみた人のクチコミがわかって参考になりますし、同じ商品を扱っている店が複数あるので商品説明にも力を入れています。

一番安い店舗が検索後すぐに表示される機能もありますし、貯めた楽天ポイントを決済に充当できることも嬉しいです。とはいえ、製品の公式サイトも見逃せません。お試しセットや初回特典があったり、お得なリピーター専用ページなどを用意していることも多いので、楽天で購入する前に、念のため確認してみることをオススメします。1日3回の食事の1回を酵素ドリンクにして行うダイエットする際、酵素ドリンク以外は何を摂るの?と思われるかもしれません。野菜や果物、発酵食品です。

海藻(コンブ・ワカメ・ヒジキなど)もいいですね。穀物の摂取も大丈夫です。穀物といってもいろいろありますが、酵素ダイエット中には、麺類・パンなど、小麦系の食品よりは、ごはんを食べるようにしましょう。

献立のなかに、肉料理や魚料理を取り入れたいときには、なるべく低カロリーに抑えられる調理の仕方を選ぶことが望ましいです。また、その食品が含む添加物もチェックするようにし、もし含有量が多そうであれば、なるべく食べないようにしましょう。

酵素ダイエットは、やり方に関しては選択肢の多いダイエット法なのですが、どう行うにしても、一度始めたら、その間は飲酒しないのが原則です。せっかく酵素を摂っていても、体内にアルコールが入ると、その処理のために酵素が使われてしまって、本来の目的である、代謝機能の活性化が叶わなくなりますので、アルコールはなるべくなら、飲まないでいる方がいいとされています。

しかし、飲酒したからといって何もかも台無しになってしまう、ということはなくて、飲酒してしまった、という場合は翌日からまた、淡々と進めていけば良いのです。

ベルタ酵素ドリンクは、ダイエット中の肌をケアしながら効果的に痩せるのを目的に開発されています。

このドリンクに含まれる160種類以上もの酵素は、食事だけでは到底とれません。

栄養不足やアンバランスな状態から、正常な状態になるよう働きかけてくれるでしょう。

市販の乳酸菌希釈飲料230kcal/100mlと比べても、ベルタ酵素は142kcal/100mlと低カロリーですから、これなら肥満につながることもないでしょう。

酵素量が豊富なので、代謝に強力に働きかけることができ、高いデトックス効果が得られるでしょう。30歳、40歳を過ぎて痩せにくくなったとは思いませんか。

これらはカロリーの過剰摂取だけが原因というわけではなく、酵素不足や、不要物質の蓄積によるものであることが少なくありません。肌を守りながらデトックスできるベルタ酵素ドリンクなら、無理なく、体の中からキレイにやせることができるのです。

関連記事